園だより
ホームへ
ここでは本荘幼稚園の子どもたちの遊びの様子やエピソード・つぶやきなどを紹介していきたいと思います。
2月16日(木)   「灯りをともして」
預かり保育をしていた男の子と保育者が一緒に、8個のミニかまくら作りをしました!中にはロウソクを入れて…♪とても幻想的ですよね。
きれいなロウソクの灯りを見ていると、心もホッと温かくなるような気がします。

2月8日(水)   「はた織りパッタン」
すみれさんの女の子がはた織りをしています。パタンパタンと縦糸を上下に動かしながら、その間に毛糸を通して編み込んでいきます。細ーい縦糸の間に毛糸を通していくという作業は、ちょっとでも集中を切らしてしまうと縦糸が外れてしまったり、通す場所を間違えたりしてしまいます。慎重に進めていましたが、挑戦した子どもたちはとても楽しんで取り組んでいました。出来上がったものはコップを置くソーサーにするとか♪素敵なのができたね!
2月6日(月)   「おうちの方と遊ぶ会」
4日(土)、“おうちの方と遊ぶ会”を行いました。その名の通り、おうちの方々と一緒にたくさん遊ぶ日。今回は年齢ごとの活動ではなく、『ミニ運動会』として全園児でいろいろな競技を楽しみました。かけっこでは、大きい子たちはスピード感があり、迫力満点!小さい子たちは、自分の足でしっかりと走り、一生懸命ゴールに向かいました。それぞれ年齢ごとに親子競技もしました。やっぱりおうちの方と一緒にいる子どもたちは、いつも以上にキラキラと輝く笑顔!運動会の頃から繰り返し楽しんできたダンスも、みんなで元気いっぱい踊りました!!
おうちの方から応援されたり、手や体で触れ合ったり、喜びを共有したり…。子どもたちは心から嬉しかったことと思います。そして、たくさんの愛を受けている子どもたちの素敵な笑顔に出逢えて、私たちもとても嬉しく感じます。これからも人に愛され、そして人を愛す子どもたちでありますように…。
    
2月2日(木)   「毛糸に触れて…」
  寒い寒い毎日が続きますね。でも、子どもたちはとっても元気!!あっちこっちと忙しそうにいろんなことに挑戦です!  
  冬になると始めるのが、毛糸を使っての編み物。マフラーや小さなバッグを作ります。一人ひとり選ぶ色合いが違うので、それぞれの個性が出て楽しいです!どちらも規則的に繰り返し編んでいくものですが、それを根気強く続けるということはかなりの集中力・持続力を要します。そして子どもたちはそれぞれ自分なりの目標を持っているようです。早く仕上げたい!と長い時間頑張る子、「今日はここまで。また明日やるね!」と毎日コツコツ頑張る子、「○色出来た!!」と喜びが増えていく子…。
特にすみれさんが幼稚園で過ごす時間は少なくなってきています。温かな毛糸の感触を手に感じながら、多くの喜びを心に蓄えていってほしいと思います。
↑上へ戻る
新着情報 園の生活 遊びの庭 園の紹介 入園案内 保護者の声 園の写真
ホームへ