園だより
ホームへ
ここでは本荘幼稚園の子どもたちの遊びの様子やエピソード・つぶやきなどを紹介していきたいと思います。
12月15日(水)   「冬のおとずれ」   
今朝は冷たい風が吹き、薄く白い雪が積もりました。氷が張り、道路は滑りやすくなっていましたね。大人にとっては困ったなぁ…と思うこのお天気も、子どもたちにとっては心待ちにしていた日。ちょっと合間を見て、お外に出た子どもたちは雪や氷に触れ、冬のおとずれを肌で感じてきたようです。
春夏秋冬の季節ならではのものを感じることの出来る恵みに感謝し、自然を愛する子どもたちでありますように…☆
12月8日(水)   「クリスマスを待ち臨む」   
12月に入り、雪こそ降らないものの寒さも少しずつ増してきましたね。この頃は、街中クリスマスの飾りや音楽で、一層賑やかになっています。幼稚園の中も、ツリーやリース・素敵なクリスマスカードできれいに飾られています。本荘幼稚園はキリスト教保育を行っている幼稚園なので、やはり他では知ることの出来ないクリスマスを経験します。クリスマスは、イエス様のお誕生日であること、それが何よりの喜びであることを覚えてお祝い致します。




世界中の子どもたちのことを想い、手作りの献金箱におうちで献金しています。自分達に出来ることは何か??と考え、子どもたちはそれぞれおうちの方々のお手伝いを一生懸命しているようです。幼稚園の遊びの中では、オーナメントやステンドグラス作りをしたりして、クリスマスの時を待っています。
そして、欠かせないのはページェント(聖誕劇)です。2000年以上前の出来事、イエス様がお生まれになるまでの物語を子どもたちが演じ、おうちの方々とクリスマス礼拝をして守ります。煌びやかなライトやプレゼントばかりに心を奪われることなく、静かなクリスマスを喜び祝いたいと思います。
↑上へ戻る
新着情報 園の生活 遊びの庭 園の紹介 入園案内 保護者の声 園の写真
ホームへ