園だより
ホームへ
ここでは本荘幼稚園の子どもたちの遊びの様子やエピソード・つぶやきなどを紹介していきたいと思います。
3月23日(金)   「卒園式」
今日は、久しぶりに春らしい一日になりましたね。21日(火)は、たっくさんの雪の降る中、「卒園式」が行われました。
年長さんたち一人ひとりは、本当にいい表情・堂々とした態度で卒園式に臨んでおりました。それぞれいろんな想いを持っていることでしょうが、小学生になっても自分の力を信じ、どんな壁にも今日のこの日のように、l力強く立ち向かっていってほしいと思います。
いつもとは違った場の雰囲気・年長さんの姿を見て、小さな子たちもちょっぴり緊張したり何か感じたものがあったでしょうね!そしてまた、自分が一つ大きくなることへの喜びも、ますます膨らんで行ったかと思います。また春から遊ぼうね!新しいお友達も、一緒に幼稚園で遊べるときを楽しみにしていますよ!!
すみれさん、本当に卒園おめでとう。いつでも遊びに来てね♪
3月16日(金)   「小さな先生たち」
「ねえねえ、ちょっとホールに来て!」と年長の男の子に誘われ、ホールに行くと…なんと、年長の女の子達が紙芝居を読み聞かせていました!!一人が紙芝居を選びに行っている間、もう一人の子は、「じゃあみんな、ジャンケンしようか!ジャンケンポン!!勝ったかなぁ!?」と、お客さんに楽しんでもらえるよう、自分達で考え、工夫していました。
一つの紙芝居を二人で読んだりする姿もあり、これまでの経験が十分に活かされていることを感じることができました。
このように子ども同士で遊びを生み出し、協力し合って展開していくということは、やはり年長さんの大きな成長だなと思います。毎日、興味あることをくり返し楽しむ中には、目には見えないけれど、積み重ねられてきた“力”がちゃんと備わっているんですね。それを大人は、“信じて待つ”。これだけで十分なのでしょう。
もうすぐ卒園式を迎えようとしている年長さんとの、素敵な時間を過ごせました。ありがとう★


3月6日(火)   「仲良しお別れパーティー」
これまで、子どもたちと教師たちとで準備を進めてきた“仲良しお別れパーティー”の日がやってきました。毎年この日はそれぞれ年齢ごとに、年長さんへの感謝を込めて、何かプレゼントをしています。今回は、パンダさん(満3歳児)は劇「ぐりとぐら」、べにばらさん(3歳児)はオペレッタ「ネズミの

冒険」、ばらさん(4歳児)はオペレッタ「不時着した宇宙船」のプレゼントでした。すみれさん(5歳児)も準備していてくれて、オペレッタ「ヤギとトロル(3びきのやぎのがらがらどん)」を見せてくれました。
ばらさんたちは、すみれさんたちに楽しんでもらえるようにと、様々な企画から進行役まで全てをしてくれました。「すみれさん、どんなことしたら喜ぶかなぁ?」の教師の問いかけに、「くす玉を作る!」「びっくり箱で驚かす!」「クイズ出す!」など、いろんな意見が出てきました。そして、全て実現させました!!ひとつ、不安は的中してしまい、くす玉はそのままボトンと…。でも、すみれさんたちはとっても喜んでくれていました。楽しかったね♪
  
3月5日(月)   「今この瞬間を…」
(遊びの庭通信より)
私たち大人が子どもたちから学ぶべきことは、今をいつも楽しめる才能なのではないでしょうか。“歩き始めたばかりの赤ん坊は、歩くことだけで幸せ”という、高田敏子さんの詩がありますが、そんな小さな幸せをかみしめられる子どもたちと出会えていることも、幸せと思います。意識しなくても、今を大事に思って生活している子どもと一緒に生活できる自分自身の今を、喜んで受け止められたらいいですね。育児に困難を覚えることも多いですけど、ときどき深呼吸をするような、清々しい気持ちになることにもたくさん出会える今を、大切にしていきましょう。
そんな気持ちを、互いに伝え合いながら…。

「こどもへのまなざし」 佐々木正美 著
本来、親が育児する喜びというのは、二つの観点があると思うのです。一つは子どもに期待できる喜び、もう一つは子どもを幸せにすることができる喜びです。このときに、出来ることなら子どもを幸せにできる喜びの方をずっと大きく持って、子どもに期待する喜びは小さくしていただきたいと思います。親が子どもに期待する喜びを大きく持ってしまった場合に、子どもから見ると条件つきの愛情になるわけです。そして、その期待が過剰になってしまうと、子どもは愛されているという実感をなくしてしまいます。
将来、幸せになるということも大事ですけれど、それよりはるかに何倍も今この瞬間を、この子が幸せに過ごすことができるようにという育児の方がいいのです。今この瞬間を幸せにしてあげよう、その積み重ねがこの子の幸せになるのだという育て方がいいのです。そして理屈ぬきで、育児を自然に楽しんでできれば、これはもう理想的なお母さんだと思いますね。
3月1日(木)   「ホットケーキパーティー」
年長さんの幼稚園生活も、残りわずかとなりました。それぞれ小学校への期待は大きく膨らんでいることが感じられる、今日この頃です!(どこかでは、不安もあるかもしれませんが…。)
以前に増して活動的に、友達と充実した時間を過ごしています。

この日は、年長さんだけでホットケーキを焼いてくれました。子どもたちと教師たち全員分なので、100枚くらい焼いてくれました!「すみれさんたち、ありがとう!!」と顔を覗き込んでお礼を言っている小さな子たちもおり、年長さんもニコニコでした。
本当にありがとう、すみれさん☆

↑上へ戻る
新着情報 園の生活 遊びの庭 園の紹介 入園案内 保護者の声 園の写真
ホームへ