園だより
ホームへ
ここでは本荘幼稚園の子どもたちの遊びの様子やエピソード・つぶやきなどを紹介していきたいと思います。
8月24日(木)   「お姫様☆」
明日から幼稚園も二学期が始まり、また賑やかで楽しい日々となりそうです。
そんな中でも子どもたちの目を引きそうなのが、この4種類のドレス。今まで使用していたのは随分と着古してしまったので、新しいものを作っていただくことにしました。
今日は一足先に、預かり保育に来ていた子どもたちが着てみました。女の子たちはもちろんとっても気に入っていましたが、年少の男の子たちも着てみたり…!!
遊びに来られた際には、ぜひ着てみてくださいね。
8月23日(水)   「将来を生きる芯」
◎小児科医 細谷亮太先生の文章より

 幼児期に身に付けるべき大切なことは、“賢さ”です。賢い人とは勉強が出来る人ではありません。希望を失わずに生きていく力があり、他人のためにもなれる人です。人は他の人との関わりの中で生きていくのだとわかっている人、困ったときにどう問題を解決していくか、へこたれないためにはどうするかわかっている人です。
 こういう賢さは、幼稚園や小学校低学年での体験が芯となり大きく育ちます。
 例えばスコップで砂場で遊んでいたとします。ところが、そのスコップにはヒビが入っていた。砂を掘って投げたとたん柄が折れてしまい、それが友達に当たって怪我をさせてしまった。子どもはその経験から、道具は仕事をする前に点検しなくては、自分にとって不利なばかりか、人を傷つけてしまうこともあるということを知ります。
 しかし、こういった当たり前の知恵を持ち続け、大人になってからも生活の中で生かし、それを磨いている人は、驚くほど少ない。そういう人こそが社会の宝です。僕は、子どもたちがそういう人になってくれることを願います。
 勉強が出来るかどうかは、二の次です。

 柔軟にいろんなことを吸収できるこの時期に、机に座り勉強だけしていたらどうなるのでしょう。私たち大人は子どもの可能性を信じて、見逃さず、引き出してあげることが重要です。そのためにも、時には手を出さず『待つ』という関わりも大切にしていきたいですね。
8月7日(月)   「夏期保育」
今日は夏休みの中間にあたり、夏期保育の日でした。
毎年恒例で、年長さんがカレーライスを作ってくれました。カレーライスの材料には、幼稚園の畑で育った野菜をたくさん入れました。また、同じように畑で育ったメロンも、頂いた甘ーいスイカも食べました。
今日はとてもお天気が良かったので、プールや水遊びもとても楽しかったようです!木の葉っぱの陰には、せみの抜け殻がたっくさん付いていて、探検しながら園庭中の木という木を探し回りました!!
また、しばらくお休みになりますが、おうちでもたくさんの経験をして欲しいと思います。
8月3日(木)   「関わるということ」
◎キリスト教保育誌より「人と人を結ぶ絆〜過保護という関わり」  山中正雄:牧師、精神科医

 子どもが必要とするものは、年齢と共に変化していきます。赤ちゃんの頃、小学校の頃、中学生以降では求めるものが異なり、成長すれば具体的なニードは更に複雑になっていくでしょう。つまり養育者には、その時点で子どもに何が必要か、見抜く力が求められているわけです。
 たとえば、衣食住に関わる援助は、肉体が生きるためには欠かすことは出来ません。自分を守ることもままならない乳幼児には、こうしたニードが大きいと言えるでしょう。それでも子どもには肉体的欲求だけでなく、社会的欲求もあります。これは人格的存在として自立するための大切なものです。
 母子関係を出発点として、子どもたちは他者とも上手に付き合う技術を身につけていきます。大人になるには、社会のルールを守り、友人や先生ともやり取りをする手順を覚えなければなりません。一見簡単そうですが、これは幼稚園・小学校と進むプロセスにおいて学習すべき課題であり、予想以上に難しい必修科目だと言えるでしょう。
 もし他者との煩雑なやりとりを親が妨げたり、代行していくと、どうなるのか。子どもが自立する能力が十分には育ちません。依存的になるか、固い殻を作り閉じこもるか、どちらかになりやすいでしょう。つまり、人間関係における距離の取り方が分からなくなるのです。それとは逆に親が子どものニード全体を良く知るならば、健全な成長を促すことができます。

私たちは子どもたちとの生活の中で、同じことのくり返しのように見えながら、日々小さな変化や成長の現れを感じたり、また今この子にどう関わるか迷うこともたくさんあります。今、何を必要としているのかを見極めていくことは難しいことですが、私たち子どもを育てるものにとって、子どもの心に聞くことが楽しいこと、自分自身にとっても成長につながることが出来たら、嬉しいですよね。
↑上へ戻る
新着情報 園の生活 遊びの庭 園の紹介 入園案内 保護者の声 園の写真
ホームへ