園だより
ホームへ
ここでは本荘幼稚園の子どもたちの遊びの様子やエピソード・つぶやきなどを紹介していきたいと思います。
6月30日(金)   「お外大好き!」
最近とてもお天気がいいので、砂・水遊び・どろんこをたくさんしています。
シャベルで掘っては何度も水を流し、川や温泉、プールを作っています。そこで必ずしたくなるのが、豪快に「バシャッ!!!」と、ダイブ!心はとっても開放的です♪
また、みんなで高ーい山を作りました。自分たちの背よりも高く、あっという間に高くなっていく様子にとても驚いていました。
(→こんな感じです!)


6月20日(火)   「卵のお母さんは、ニワトリさん!?」
今、幼稚園で飼っているニワトリさんは、5個の卵を温めています。でも、そのニワトリ自身の卵ではありません!
実は、アヒルの卵なんです!!頂いたアヒルの卵を動物小屋に入れてみると、最初は興味を示さなかったものの、2・3日後には少し離れたところにバラバラにあった卵を自分で集め、大きく羽を広げてすっぽりと覆い隠して温め始めました。でも、そのニワトリ自身の卵よりも一回り以上大きいため、5個全てを温めるのも大変そうです!
アヒルの卵が頂いた初日、まだそのことを知らなかった教師も、「ちょっと〜!!卵が大きくなってる〜!!」と、驚くほどでした…。
どんなかわいらしいアヒルさんが産まれてくるか、子どもたちと楽しみにしています!
6月14日(水)   「花の日こどもの日礼拝」
きれいなお花が鮮やかに咲くこの時期に、毎年「花の日こどもの日礼拝」を行っています。
毎日礼拝はありますが、お花も私たちも、すべて神様から与えられたものであり、いつも豊かなお守りのうちに置かれていることを覚えながら、みんなでお祈りしました。
この日は、「花の日こどもの日礼拝」ということで、たくさんのお花を飾り、礼拝しました。
そして、このたくさんのお花は、年長の子どもたちが、日頃お世話になっている方々のところへ、届けに行きました。
教育委員会・郵便局・警察署・消防署・歯医者さん・診療所等と、今年はご近所のみなさんにも、お届けしました。また後日、市役所や駅・駅前交番等に届ける予定です。


間近に消防車やパトカーを見ることができ、更にはパトカーに乗せてもらったり…。「ありがとう」と声を掛けて頂き嬉しいのと、たくさんの方々を前にしたり、お部屋に通して頂いたりして、緊張もしていたようですが、とても素敵な気持ちになれました。
6月2日(金)   「親子遠足」
電車に乗って、遠足に出掛けました!もう何日も前から、この日を楽しみに待っていた子どもたちは、おうちの方々と元気に駅に集まり出しました。
行き先は、旧西滝沢小学校で、現在は水辺プラザとなっている所。そのすぐそばを流れる子吉川に、みんなでイワナとヤマメの稚魚も放流しました!
小さな魚がかわいいあまり!?自分のバケツの稚魚は放さず、更には他の子どもたちが放した稚魚が泳ぎ着いたところを捕まえ、自分のバケツに…なんて、姿も。(笑)
また、バケツを横にして流す子もいれば、手で捕まえてポイッ!!なんて子も…。
まぁ、それぞれに「大きくな〜れ!」という想いは、こもっていることでしょう!

明るい太陽の下で、おいしくお弁当を頂き、ゲームもたくさんし、楽しい一日となりました♪
6月1日(木)   「じじゅう?」
毎日、礼拝に備えるとき、お食事の準備をするとき等、年長や年中の子どもたちは、小さな子どもたちのお手伝いをしてくれています。きっと、自分も小さいときはこうだったのかなぁとか、自分もこうやってもらったなぁ等と思い出していることでしょう。
年長の子どもたちは特に、お世話する相手によって、いろいろと工夫しているようです。もしかすると、教師たちよりも年長さんの方が、そこら辺は上手かも!?しれませんね。

そして今日のエピソード。
礼拝のために整列するとき、ある年長の男の子が「あ〜、いたいた!」と走ってきました。教師のそばに座っていた年少の男の子を連れて行くためです。
「○○君は、僕なら大丈夫!」というのをわかっており、その子も安心してその年長さんと行くことが出来ます。
それをみていた教師が、「侍従(じじゅう)みたいだね!!」と言うと、年長の男の子は、
「ん??じじいって言うなぁ〜!!!」と…。
ちょっと勘違いでした。(笑)
↑上へ戻る
新着情報 園の生活 遊びの庭 園の紹介 入園案内 保護者の声 園の写真
ホームへ